「多汗症」の原因、予防法・対処法や治療法について

私たちの体は、運動したり、辛いものを食べたり、緊張したりすると、汗をかきます。しかし、中には「暑くないのに汗が出る」「人一倍汗が出る」と悩む人もいるのではないでしょうか。今回は、文字通り必要以上に汗をかく「多汗症」についてご紹介します。

多汗症について

「多汗症」と一口に言っても、汗をかく部位や、汗が過剰に出る原因が異なります。つまり、同じ多汗症と診断されても、症状や治療方法は人によって異なるのです。まずは、多汗症の定義や種類など、基本的な理解から始めましょう。

多汗症とは?

私たち人間は「恒温動物」であり、周囲の環境や体調に関わらず、一定の体温を保たなければ生ていけません。しかし、暑い日や体を動かしたとき、何かを食べてエネルギーに変えたときなどは、体温が上昇します。このときに活躍するのが汗です。皮膚の表面にあるエクリン汗腺から汗が分泌され、それが蒸発するときに気化熱を奪って体温を下げているのです。
ところが、この体温調節に必要な量以上の汗をかいてしまい、日常生活に支障をきたす人がいます。これを多汗症といいます。さまざまな原因(詳しくは後述)で、エクリン汗腺の機能が異常に亢進しています。

多汗症の種類

多汗症には、全身に大量の汗をかく「全身性多汗症」と、手のひらや足の裏など、局所的に大量の汗をかく「局所性多汗症」があります。どちらのタイプの多汗症も、その原因はそれぞれ異なります。例えば、甲状腺機能亢進症や糖尿病などが原因の全身性多汗症と、精神的な緊張や末梢神経の障害などが原因の局所性多汗症とがあります。
このように、何らかの病気が原因で起こる多汗症を「二次性多汗症」と呼びます。

一方、全身性多汗症、局所性多汗症ともに原因が不明な場合があります。これは「原発性多汗症」と呼ばれ、比較的若い人に起こりやすいと言われています。
家族に同じような症状があること、寝ているときに大量の汗をかかないことなどが特徴です。

多汗症が見られる部位

全身性多汗症の場合は、文字通り全身に大量の汗をかきます。局所性多汗症の場合は、手のひら、足の裏、頭、顔、わきの下などに汗が出ます。
手のひらと足の裏に多汗症が起こる場合を「手掌足底多汗症」、手のひらだけに起こる場合を「手掌多汗症」、足の裏に起こる場合を「足底多汗症」、腋窩に起こる場合を「腋窩多汗症」といいます。

多汗症の主な原因

前述したように、多汗症の原因はさまざまです。ここでは、全身性多汗症と局所性多汗症に分けて、主な原因を見ていきましょう。

原因
全身性多汗症の原因
熱発生性の発汗 運動、高温環境、発熱など
内分泌・代謝性発汗:更年期障害、甲状腺機能亢進症、糖尿病、肥満、など
神経疾患による発汗。パーキンソン病など
薬物の副作用による発汗:向精神薬、睡眠導入剤、非ステロイド性抗炎症薬、ステロイド薬など。
感染症による発汗:結核、敗血症など
特発性発汗:原因不明
局所性多汗症の原因
心因性発汗:精神的緊張によるもの(手のひら、足の裏、腋窩など)
味覚性発汗:辛いものを食べた時(顔面部)
神経障害性発汗:胸部交感神経切除術後など(体幹部)
その他 皮膚疾患による局所性多汗症など
局所性多汗症の原因として最も多いのは、精神的な緊張によるものと言われています。また、手掌・足底以外の局所多汗症は、神経症が原因であることが多いようです。多汗症が左右非対称であれば、なおさらその可能性が高くなります。
また、薬の副作用によって多汗症が引き起こされることもあります。抗うつ薬、抗不安薬、非ステロイド性抗炎症薬の内服、ステロイド剤などを処方されている方は、これが原因である可能性がないか、医師に確認する必要があります。

これって多汗症?すぐに自分でできるチェック方法

以下の項目に該当する場合は、多汗症の可能性があります。

暑くないときや運動後にも汗をかく
足の臭いが気になる方
服の脇の下に黄色い汗ジミができる
緊張すると手のひらやワキに汗をかく
手のひらに汗をかくことがよくある
本を読んだり、メモを取ったりするときに紙が濡れる
体臭や汗のにおいを指摘されたことがある
日常生活で上記のような症状が時々、あるいは常に見られる場合は、重度の多汗症である可能性が高いです。
もし、多汗症が何らかの病気による二次的なものであれば、症状を引き起こしている病気をすぐに治療する必要がある場合もありますので、早めに病院を受診するようにしましょう。
このほか、生活リズムの乱れや偏った食事、飲酒、喫煙なども多汗症の原因になると考えられています。症状だけでなく、ご自身の生活習慣も見直してみてください。

多汗症の予防・対策・治療法

多汗症を予防する方法

多汗症の予防方法についてご紹介します。ただし、これらはいずれもストレスなどで交感神経が優位になることで起こる発汗を防ぐための対策です。神経の損傷など、他の原因による多汗症は防げません。

食生活の改善

辛いものや酸っぱいものには交感神経を優位にする作用があり、それらを食べると汗をかきやすくなります。多汗症の方は、このような刺激物の過剰摂取を控える必要があります。カフェインも刺激物同様、交感神経を優位にするので、コーヒーや紅茶はなるべく控えた方がよいでしょう。なによりも、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

生活習慣の改善

適度な飲酒、喫煙を控える、適切な時間帯に十分な睡眠をとるなど、生活習慣を改善することが大切です。また、交感神経が優位にならないように、つまり汗をかき過ぎないようにするためにも、これらの生活習慣の改善は欠かせません。

リラックスする時間をつくる

心身をリラックスさせ、ストレスを解消する時間を作ることも、多汗症の予防に効果的です。緊張から解放され、リラックスする時間を持ちましょう。

多汗症の治療法

医療機関で行われる多汗症の治療にはいくつかの種類があり、原因や症状の程度によって対策が異なります。

外用薬の使用

汗腺をふさいで汗の分泌を抑える塩化アルミニウム液を患部に塗布する方法が効果的です。手のひらや足の裏の場合は、溶液を塗布した後にカバー材で覆うことで、より多汗症への効果が期待できます。

内服薬の使用

臭化プロパンテリン(保険適用)、オキシブチニン、コハク酸ソリフェナシン(保険適用外)などの内服薬による治療法もあります。ただし、効果の程度に差があり、副作用もありますので、医師や薬剤師の説明をよく聞いて選択してください。

漢方薬の服用について

多汗症の治療には、漢方薬が使われることがあります。多汗症の種類によって処方される薬は異なりますが、例えば防己黄耆湯は多汗症の改善効果が認められ、OTC(一般用医薬品)として販売されています。その他、白虎加人参湯、竜胆瀉肝湯、大黄湯など、体質に合わせて使用することがあります。

ボツリヌス菌注射

ボツリヌス毒素を患部に注射し、発汗を抑えます。欧米では、局所的な腋窩多汗症の治療に用いられることが多いようです。日本では、腋窩以外は保険適用外なので、費用や効果を十分に確認してから選択しましょう。

イオントフォレーシス

イオントフォレーシスとは、水の入った容器に発汗の多い手のひらや足の裏を浸し、10~20mAの電流を30分程度流す保険適用の治療法です。8~12回程度の施術で、多汗症の改善効果が期待されます。

交感神経遮断術

胸の交感神経を切除したり焼いたりすることで、交感神経が原因で起こる多汗症を抑える治療法です。以前は大掛かりな手術が必要でしたが、最近では脇の下を数ミリ切り、脇からカメラを挿入することで手術ができるようになりました。ほとんどの場合、手術は10分程度で終わります。

まとめ

神経障害や糖尿病などの病気が原因の場合は、これまで紹介した治療法を実践するだけでなく、原因にアプローチする根本的な治療が必要です。多汗症は体からのSOSサインである可能性が大きいので、少しでも異常を感じたら、まずは医師に相談することをおすすめします。

また、多汗症によって他人とのコミュニケーションがうまくとれない場合、汗をかくことへの恐怖や不安から情緒不安定になる危険性があります。発汗による精神的ストレスがある場合は、この点も医師に相談し、薬を処方してもらうとよいでしょう。

⇒トリムクールのレビュー、口コミや効果は?

おすすめの記事